まつ育に目元ケアが効果覿面だった

私の上まつ毛は特に長いということも短いということもありません。

残念ながら下まつげはほとんど確認することができない、という状態なので外国人やお人形さんのようなフサフサで長く濃いまつ毛に憧れていました。
「まつ毛のための美容液」などのまつ毛を育てる育毛効果のあるアイテムをずっと使ったり目元のマッサージをしたりしていました。まつ毛を育てる・強くするためのケアは他の肌や身体のケアよりも時間もお金もかけていた、と言っていいと思います。

縁があって海外で暮らすことになり、水が変わったためか肌の乾燥がひどくなってしまったことがありました。

メイクをしてもノリが悪いので基礎化粧品を保湿中心にしっかりとつけてポイントメイクのみ、クレンジングは使えないのでマスカラなども使えません。肌の保湿をしながら、いつも手放すことのなかったまつ毛の美容液も継続して使用していました。

そういう状態が続いたある日、ふと気が付くと「あれ、まつ毛なんかしっかりしてるなあ」となったのです。特に下まつげ、まだチョロチョロといった感じですが以前より「増えた」状態になっています。

そして上まつ毛はなんだか「しっかりと伸びてる」ことに気が付いたのでした。
何が起こったんだろう、と考えてみた結果目元の肌の「保湿」がよかったんだと思うようになりました。

肌の保湿をしっかりする、それも負担をかけずにということで上等の椿オイルやオリーブオイルなどを使っていました。眉毛のあたりなど目元の乾燥もひどかったので、それらのオイルは目元までしっかりと塗っていたのです。
そして敏感になっていた肌への負担も考えて、当然「優しくポンポンとのせるように」を心掛けてもいました。

まつ毛美容液も使用してましたが、同時に自然のオイルで目元もしっかりと保湿ケアするのがまつ毛にはよかったようです。もしかすると当たり前なのかもしれませんが、私には意外で嬉しい発見でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする